メディカルアロマプロテクショナー│合格通知書

こんにちは、大前美翔です。

先日、帰宅しましたら
メディカルアロマプロテクショナー
【合格通知書】
が届いていました♡

実は、仕事とスポーツクラブの合間に
週2日スクールに通って勉強していたんですね。

さて、メディカルアロマプロテクショナーとは
日本のアンチエイジングの最高顧問!?

医学博士 久保明先生監修
結果と効果を追求できる
最先端のメディカルアロマを極める
≪MAA認定メディカルアロマプロテクショナー≫
という資格なんですね。

私の場合は、知人に
フランス式のメディカルアロマの講師がいた関係で
一般的に普及されているアロマと
メディカルアロマの違いを知っていましたが
知らない方のために・・・。

【メディカルアロマとは何か】

フランスではアロマセラピーを医療分野で取り入れています。
医師の処方により、経口投与、座薬など
治療目的で使用しています。

つまりそれだけ
精油の質や純度が高い
ということです。

なお、一般的に市場に出まわっている精油は
不純物を入れかさ増ししているから
量産でき安く普及できるとのこと・・・(驚)。

ここまではすでに知っている方
学んでいる方も
多いかもしれません。

久保明先生はそこに

・フランス人と日本人では精油の選び方、濃度は全く同じでいいのか?
・経口投与や座薬でなくてはいけないのか?

という徹底的なこだわりを持ったようです。

このことを検証するために
医療設備と連携

今まではアロマというと
リラクゼーションの要素が強かったものを

人それぞれの体質・症状に合わせ
医学的な見地から
精油を選択し
効果を医学的に数値化し
病気の予防からサポートできる
体制を構築されたんですね。

私も、この勉強をして
アンチエイジングというと美容外科や
単なる外見の若返りのような
イメージをもっていましたが

価値観が180度変わりました・・・

そして
加齢(エイジング)に伴う老化のメカニズムを学び
予防医学を日常にとりいれることができました。

私の場合
日々の体調にあわせ
アロマデフューザーを使ったり
スキンケアのコスメも
自分だけのオリジナルを手作りで
つくっています♪

その成果か!?
生活習慣を変えたからか?
「老化していない!?」
と驚かれるようになり
大学生に間違われるようになりました(笑)。

・・・
ここからキープするのが
本当に大変ですが
楽しみながらがんばります☆

もっと早くこの情報に出会えていたらなあと
思いますが

私と何かしらご縁があって
この情報にたどり着いた皆様に
何かきっかけになれば幸いです。

それでは、本日は雨模様ですが
皆さんにとっても素敵な1日になりますよう
心より祈っています♡

大前美翔 -Mika Ohmae- 公式ブログ

女流作家、コンサルタント大前美翔の作品、活動紹介、日常、日々の想いを綴ります

0コメント

  • 1000 / 1000